【Vol.339】血液は嘘をつかない

人間ドックに行った翌日、禁酒も解けていつものお寿司屋さんへ参ずるとなじみ客の飲み友達がおりまして、自然にドックの話題になりました。  肝心のドックの結果というと特段に悪いところはなくホッとしたのですが、実は、血液検査のガ […]

【Vol.338】社長が思うこと

 最近、とても感動することがありました。いつもお送りいただいているクライアントの社内報に、その会社の社長自らが癌であることを告白し、社員に対しての思いを寄稿されていたからです。  その寄稿文のタイトルは「癌を患って思うこ […]

【Vol.337】 全うするがよい

 最近、ご相談で多いのが「早期退職制度を利用し、退職してからやりたい仕事をしたいのですが……」というものです。日ごろ「仕事が楽しくてしようがない」と言っている私を見て「自分も早くやりたいことをしたい」とお考えになるのかも […]

【Vol.334】 リベンジなし

 最近、「リベンジ」という言葉をよく聞きます。リベンジとは復讐することや雪辱戦のことですが、調べてみますと、復讐とは仇(あだ・かたき)を返すことで仕返しのこと。雪辱とは恥をすすぐ(水で洗い清める、汚れを清める)という意味 […]

【Vol.319】アイデアはなぜ出るのか

先日、公共研究機関で講演させて頂きました。ご聴講頂いた方々はプロパーの方もおられますが、大半は国のお役所の方や大学の研究者とのことでした。いずれも、研究開発の専門家であり、それを業とされている方々です。  よく考えれば、 […]

【Vol.318】ホッとする工場

 ホッとするお店があります。なぜか、そこに居るだけで落ち着いて、心がゆったりとするのです。飲食店ばかりではなく、いつも買い物をする馴染みになったデパートや、お店ではありませんが、いつも使う駅も、帰ってくるとホッとします。 […]

【Vol.317】うらぶれないで

 楽しくもあり、少し寂しい話もある。それが同窓会です。  先日も、気の合う10人ほどが集まることになりました。皆、東京に出てきて40年を超えて、すっかり東京暮らしが身に付いた者ばかりです。この歳になりますと、子育ても終わ […]